最近のトラックバック

無料ブログはココログ

amazon検索

« 今日は猫の日 | トップページ | 食欲って怖い-「モンスターハウス」自分のための映画日記Part.23 »

2008年2月23日 (土)

バブル時代も悪かない-「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」自分のための映画日記Part.22

 さて、邦画の鑑賞が増えている昨今ですが、つい最近地上波でも放送されたばかりの「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」を観ました。

 バブルの時代といえば、まさに私の青春時代そのもの。1990年は一般に「バブル景気」最後の年と認知されているようですが、私にとっては、大学卒業後、就職を決めた年。日本国内では、「日航機墜落事故」の年であり、サラ・ヴォーン,アート・ブレイキーそしてレナード・バーンスタインが亡くなった年。

 映画の紹介、「2007年の日本。景気の回復に力強さはなく、低迷が続く日本経済だが、なかでも800兆円という国の借金が重くのしかかり、財政上の崩壊は目前に迫っていた。そんな日本の危機を救うべく、財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路功はある計画を進めていた。それは、1990年にタイムスリップしてバブル崩壊をくい止めるという極秘プロジェクトだった。ところが、タイムマシンの開発者で下川路にとって旧知の女性である田中真理子が、90年3月の東京にタイムスリップしたまま連絡が取れなくなってしまう。そこで、真理子の娘・真弓に白羽の矢が立てられるのだが、真弓は借金取りに追われるキャバ嬢だった。」

 バブル崩壊を食い止めようとする財務省官僚下川路功に阿部寛、母親を捜してタイムスリップする娘・真弓が広末涼子、真弓の母親でタイムマシンの発明者真理子に薬師丸ひろ子という顔合わせ。「私をスキーに連れてって」のホイチョイ・プロ制作。

 ホイチョイ・プロといえば、その昔(今もやってるのかどうかは知りません)ビッグ・コミック・スピリッツでのコラムが好きでしたねえ。思えばあれもバブルの頃かなあ。「私をスキーに~」は自分もスキーをやっていた時代、懐かしいですね。あの頃白のスキーウェアを着た女性が、ゲレンデに一気に増えましたしねえ(笑)。

 まあ、のりが軽い感じの映画だろうし、それほど期待せずに見始めましたが、これが結構面白い。感動を呼ぶ映画では決してありませんが、バブルという時代をうまく使ったコメディ映画として成功していると思います。

 一番の見所は、なんといっても1990年の東京。私は当時の東京の町並みなんかは知らないのですが、「ディスコ」とか、当時の音楽・ファッションは懐かしいです。まあ、いくら何でもあんなかっこうした人(ワンレン・ボディコン)ばっかりではなかったですけどね。お金の使い方もさすがにあそこまで行くと行き過ぎという感じもありますが、まあコメディなので割り切って…。それと、現代の対比を軽妙な切り口で演出しているあたりが、大きな魅力といえるでしょうね。

《以下ネタバレを含むので自主規制》

 バブル崩壊を防ぐために、当時の「総量規制」通達を阻止することが、タイムスリップの大きな目的になっていますが、これだけがバブル崩壊の原因とするのは、もちろん無理があります。でも、わかりやすくて面白い設定ではありますね。

 それから、「薬師丸ひろ子」「劇団ひとり」のキャスティングがなかなか。薬師丸さんは最近おばさん役がすっかり定着してきた感があり、往年のファンの一人としてはちょっと寂しい感じもしますが、下川路の元恋人で真弓の母親、さらにタイムマシンを発明したかなり天然系の女性には見事にはまっています。 劇団ひとりが2007年時には借金取り、1990年では長銀への就職を控えた学生という設定も良かった。

 真弓の父親であることを知った下川路の豹変ぶりや、女性に殴られるたびに「効くね~」というキャラクターは、阿部ちゃんの真骨頂。「バブル崩壊」のかげで糸を引いていた大蔵省官僚芹沢役の伊武雅刀さんも良い味を出してます(モデルは2人いるような)。

 飯島愛,飯島直子,八木亜希子,ラモス瑠偉らがカメオ出演しているシーンも、見逃せない。まあ、日本のワールドカップ2連覇はちょっといきすぎだと思いますけどね。

 ラストで、劇的に変わった日本をみて、思わず苦笑い。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と比較される方もいるでしょうけど、こっちの方がシニカル。映画のつくりからいえば比較の対象にならないと思いますけどね。ちなみに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でも最初タイムマシンは洗濯機が検討されたそうです。ラストの阿部ちゃんの「パパと呼びなさい。」も笑えます

《以上自主規制終わり》

 とにかく楽しい映画ではあります。広末涼子もなかなかの怪演。そういえば、森口博子さんも出演してました。どこまでもバブルですねえ。

「バブルへGo! タイムマシンはドラム式」
2007/2/10公開 馬場康夫監督作品
出演 阿部寛,広末涼子,吹石一恵,伊藤裕子,劇団ひとり
小木茂光,森口博子,愛川ゆず季,鈴木一功,有吉弘行
山岸拓生,杉崎真宏,小野ヤスシ,露木茂,松山香織
木幡美子,ラモス瑠偉,飯島愛,八木亜希子,飯島直子
伊武雅刀,薬師丸ひろ子 他
2008/2/23視聴 at My Room,on DVD 評価(7/10)

« 今日は猫の日 | トップページ | 食欲って怖い-「モンスターハウス」自分のための映画日記Part.23 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203896/40238663

この記事へのトラックバック一覧です: バブル時代も悪かない-「バブルへGO! タイムマシンはドラム式」自分のための映画日記Part.22:

« 今日は猫の日 | トップページ | 食欲って怖い-「モンスターハウス」自分のための映画日記Part.23 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My Favorite Music

My Favorite Books

amazonタグ